COE 論文投稿料補助

今年度は、4月1日以降の日付の請求書、Invoiceのある論文に対して補助を始めます。
論文発行日は今年度でも結構です。

H19年度の論文投稿料補助の受付を開始しますので、皆様応募よろしくお願いします。 新年度の論文投稿料補助の予算は、理学研究科等400万円、基研80万円を予定しています。 補助が受けられる条件事務手続きの流れを参照にご応募ください。 (事務書類一覧:http://physics.coe21.kyoto-u.ac.jp/formlist.html#ronbun

○ COE事務局が主に担当する仕事は赤字で、
○ 教室事務、秘書が主に担当する作業は緑色で、
○ 研究者が分担すべき作業を青色で 示してあります。
なお、このページに書かれているメールアドレスには、 @をつけ scphys.kyoto-u.ac.jpを続けて、宛名として使ってください。

2007.4.12改定

論文投稿料の補助の手続き

21COE「物理学の多様性と普遍性の研究拠点」では、成果発表論文の投稿料に対する補助をいたします。発表論文が以下の要件を備えている場合は、著者である[COEの研究者](スタッフ・21COE研究員・理学部フェロー)から直接、[必要な書類] を添えて随時外国旅費・論文委員会へE-mail( 21coe-support)にて応募してください。審査後採択された場合のみ補助が得られます。
補助が受けられる条件
  • 通常論文または会議抄録論文であって、査読制度を備えている論文雑誌に 掲載したものであること。
  • COEの研究者(スタッフ・21COE研究員・理学部フェロー)が 著者として含まれていること。 学振PDFや大学院生のみの場合は補助できない。 (どの著者が資格を満たした者か、明示してください。)
  • 論文は本COEによる研究成果を発表したもので、 本COEに対する謝辞が所定のとおり明記されていること。

    This work is supported by the Grant-in-Aid for the 21st Century COE "Center for Diversity and Universality in Physics" from the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) of Japan.
    (注意!:例えば、COEの名称がなくては、本COEなのかどうかわかりません。)
  • カラー図版の使用は節度をわきまえたものであること。 ("online-only color" option 等の利用を推奨します。)
  • 別刷代は、注文最低部数が定められている雑誌以外に関しては、 補助しない=別刷代のみの補助はいたしません。 (請求の中に別刷代が入っていないのか、決められた最低部数なのか、 明示してください。) (別刷は、もはや支払い手続きに一切必要ないことにご注意ください。 この補助でも、電子版のプリントアウト2部だけが必要です。)
  • 補助金額は当面1件当たり20万円を上限とする。 (為替の変動などやむを得ない場合を除き、無責任な見積もりで額が変動して 20万円を越えた場合には内定を取り消します。)
  • 見積・納品・請求書(invoice)には出版社や刊行会によって、当該年度4月1日以降の日付が記入されていること。
  • 特に事情がある場合は、上の要件の限りではないので、 外国旅費・論文委員会 21coe-support に申し出ること。
事務手続きの流れ

研究者は以下の [必要な書類]を 物1秘書室・物2秘書室・宇物事務室・基研事務等の 協力を得て、そろえてください。  (法人化に伴う支払い手続き変更のために、以下の事項から 若干変更が生じるかもしれません。そのときは事情ご理解の上、 対応をよろしくお願いします。)

1. 金額等の情報(上記の「条件」を参照)と論文のpdfファイルを外国旅費・論文委員会 21coe-supportに、研究者本人から送付してください。また、Invoiceの日付の情報もください。

外国旅費・論文委員会が採択結果を回答します。
【申請の記載例】
(1) 著者に含まれるCOEの研究員: 
(申請者) 田中明 (基研 非常勤研究員)(注:機関研究員の方も「COEの研究者」です。) 
  その他:鈴木文三 (物2 教授)
(2) 論文情報:
  A. Tanaka and B. Suzuki,
  "Tunnelling Spectroscopy of the Interface"
  PASJ: Publ. Astron. Soc. Japan 59, 123-133 (2007). Published on April 25, 2007.
  謝辞には、所定の文言をいれました。
  論文のpdfファイルを添付します。
(3) 金額等の情報
  掲載料:\114,500
  別刷代:無し
  消費税:\5,725
  合計:\120,225 (20万円以下を満たす)
  特記事項:掲載料にはフル頁を使ったカラー印刷図が1枚含まれます(カラー印刷代 追加料金 25,000円)。
   この図だけは"Color online only"にすると、冊子版での図の意味がわからなくなるので、
   カラー印刷代を認めてください。
   その他の図はすべて"Color online only" にしました。
(4)invoiceの日付:平成19年5月5日
  Invoiceのコピー(pdf)を添付します。
(5) 事務担当者の氏名とメールアドレス:---

2. 採択論文の事務手続き

  国内雑誌の場合

  • 見積・納品・請求書(出版社や刊行会から送られてくるもの) 必ず当該年度4月1日以降の日付を先方に記入し てもらうこと。
  • 電子版のプリントアウト(または別刷り) 2部
  外国雑誌の場合
  • Invoice (出版社や刊行会から送られてくるもの) 必ず当該年度4月1日以降の日付を先方に記入してもらうこと。
  • Invoice和訳(和訳雛形は物1秘書室、物2秘書室等にあります。)
  • 外国送金事前登録情報 (ここ にフォームのエクセルファイルがあります。 インボイス等に記載の振込先情報を基に作成してください。 なお支払い手数料は、「依頼人負担」としてください。 京大本部が負担します。 ただし、請求書等に「受取人負担」と記述がある場合に限り「受取人負担」に丸を。)
  • 電子版のプリントアウト(または別刷り) 2部
    ただし、立替払いの場合(国内・外国両雑誌に適用)は
    • Invoice・請求書金額は10万円以下であること。
    • 上の各書類に加えて 支払った事実を証明できる書類を添付すること。

以上をそろえ、基研の論文は基研の事務室、理学部の論文はCOE事務局に提出してください。



(COE事務局)
国内雑誌の場合は、物品と同じ会計手続き
外国雑誌の場合は、 教室・基研の事務で、内容をチェック、コピーし、送付書とともに理学部事務に送付。
基研事務は、電子版のプリントアウト(または別刷り) 1部をCOE事務局に送付のこと。
事務局にてプリントアウトまたは別刷りの1部を保管。
報告義務: COEで補助した論文はリストされます
COEで補助した論文は、 21世紀COEのホームページからたどれる "論文・出版" に置きます。
発表論文タイトル、著者、発表年、雑誌名、号、最初と最後のページを メールで COE事務局の eri-hayashi に送付してください。 可能な方は、以下の例のようにぜひリンク先もご記入ください。
例:
(a href="http://pasj.asj.or.jp/v56/n1/560108/560108-frame.html") 
Discovery of a Peculiar Pulsar in the Small Magellanic Cloud  
(/a) 
Ueno, M., Yamaguchi, H. Takagi, S., Yokogawa, J., Koyama, K. 2004, 
Publ. Astron. Soc. Jpn., 56, 175-179

COE事務局は、webに掲載。